2012年5月23日抄読会(担当:前村早紀)

user-pic
0

出産前の微量栄養素サプリメントの摂取について

 

【前村早紀 発表】

出産前の微量栄養素サプリメントの摂取について

題材: 

 

JAMA. 2010 Dec 22;304(24):2716-23.

Prenatal micronutrient supplementation and intellectual and motor function in early school-aged children in Nepal.

 

要約: 

ohns Hopkins Bloomberg氏が、食事からの鉄摂取が少ないネパールで、妊婦に妊娠初期から出産3カ月後まで鉄・葉酸サプリメントを投与したところ、生まれた子供が学齢期になった時点の知能や運動能力は、偽薬群を投与された妊婦の子供に比べて有意に高かったという結果を出した。結果として、鉄・葉酸のグループが偽薬や鉄・葉酸・亜鉛のグループよりも子どもの知能などに良い結果をもたらした。亜鉛は、鉄が吸収されるときに阻害的役割をもつので、亜鉛が加わるとないグループと比較して結果が低くなった。この子どもたちが青年期になった時に結果がどうなるのかを追跡調査をしようと考えている。

ドセタキセル、ドキソルビシンおよびシクロホスファミド(TAC)による術前化学療法は、局所的に進行している乳癌患者で広く使用されている。第Ⅱ相試験で、ドキソルビシンではなくエピルビシンを用いた療法(TEC)にしたらどうかを評価するために行った。

 

発表文献(前村20120523).pdf 発表スライド(前村20120523).pdf
 

コメントする

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、別生 伸太郎が2012年10月16日 17:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012年5月16日抄読会(担当:駒澤綾子)」です。

次のブログ記事は「2012年5月30日抄読会(担当:海野陽)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。