OSCEを終えて・・・

user-pic
0

こんばんわ、眠いです。

CBTを終えて、というのに便乗して遅れながらやってきました。「OSCEを終えて」

OSCE本番の内容とかはしゃべっちゃいかんトコ、ヨロシク。

 

さて、OSCEですが・・・

 

OSCE対策は、四年生前期(D1実習)と、OSCE直前に行われます。希望者は後期の初めのほうにも受けられるそうです。ええ、それにはワタクシは参加しておりません。ごめんなさい。

 

率直に申し上げますと、このOSCE対策の授業をサボらずやっときゃあまず通ります。

最初のほうの、特に服薬指導の練習なんかはまったく時間内に終わりはしませんでしたよ。軽く制限時間の二倍はかかってました。まあまあそれがどうですか、一応最後のほうには時間内に終わるようになりました。

最後のほうには平山に住んでらっしゃるSPさん(模擬患者さんのコトです)と一緒に散歩する仲にまでなりました。練習は偉大です。

 

そんな感じです。みなさん付け足すことがあったらぜひコメント願います。

 

コメント(1)

| コメントする

今更ですが、私もOSCEについてコメントを。

4月当初はどうなるかと思いましたが、無事合格することができました。
1番緊張するのはやはり接遇だと思います。
最初は全然時間内に終わらないし、声は震えるし、口は渇くしで大変でした。でも、数をこなしていくうちに段々できるようになってきました。
調剤なども同じです。1回1回の授業・練習を大切にして、体で覚えてしまうといいと思います。


OSCEは授業でやったこと、あとは項目をしっかり覚えて、もれなくやれば絶対通ります。

不安に思わず、今までやってきたことをそのままやれば大丈夫です。

感想なのか、3年生へ向けてなのかわからなくなってしまいましたが、私からはこのへんで。

コメントする

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、毛が2011年2月 5日 00:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2011/1/21 神奈川衛生研究所キックオフミーティング」です。

次のブログ記事は「小杉先生からお話を聞く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。